日本とベトナムとの協力体制を発表。ダナンで開催の日越カンファレンスをレポート!

日越カンファレンス
日越カンファレンス in ダナン

2019年6月3日にベトナムのダナンで日越交流カンファレンスが行われました。

ダナンアクセラレーションプログラムと題し、「ベトナムの第三都市であるダナンと日本の結びつきをより強めて更なる発展を目指す」というイベントでした。

現地で活躍する起業家、政府系投資機関、インキュベーター、IT企業、大学関係者などが集まり、日越交流をテーマとしたカンファレンスに参加しました。

急速発展中のダナン

ダナン市の人口は約120万人、8年で1.5倍増えたそうです。そして今年は日本領事館もでき、今後も日本との関係を強化していくようです。

ダナンをベトナムの第三都市として共産党が認め、2030年にスマートシティとして開発することになっています。

ダナン市政府投資局でITパークを推し進めるフイ氏

例えば、ダナバスという公共バスにセンサーつけて、道路にもカメラつけてデータを取り始めています。シェアリングエコノミーも浸透してきており、GRABという廃車アプリが多く使われています。

ダナン市が掲げる3つのテーマ
・インフラ
・観光PR
・人的資源

観光産業で成長してきたダナンですが、これからはIT産業に変えていくという方針で、IT産業は今全体GDPの3%しかないが、2030年には15%にしないといけないとのこと。

そして、ダナン市は色々な政策に取り組んでいます。

会社を設立すると最初の4年間は法人所得税を免税、次の4年間は10%、その次の4年間は30% といったように優遇措置を取っています。
しかし、法人税はタダになるけど、個人の給料に対しては所得税がかかります。

ICTラーニング代表 小澤氏

ダナンでエドテックに挑む小澤社長。日本語学習アプリでのサービスを展開中。

人材はまだまだ足りていない。日本人が手間をかければ、日本の水準に近い人が生まれてくるのではないか。
日本人がオーバースペックを求めすぎている。目に見えないクオリティを求めていてそれがコストを上げる。
今は日本側の問題でベトナムを下に見ている。水準を合わせることでみんなハッピーになる。

小澤氏によると、
「日本企業でベトナム人が喜んで働いてくれる時代は終わる。ベトナムとしてはアセアン自体にどのような価値を提供できるかというのが課題?」とのこと。

ちなみに日本企業は10年ほどで12社~120社に増えたそうです。でも住んでる日本人は300人しかいません。

テクノコム フイ氏

テクノコムはシステム開発のベンチャー企業で、少数精鋭で30人ほどのクリエイターを集めている会社。
オフショアでのシステム開発受託を請け負う一方で、BtoCのシェアリングサービスの開発と運営をやっています。
ベトナムは現在、BPOの拠点として、フォトショップ加工などやっぱりBPOでは強みを発揮しており、これからはスキル向上でIT関連が大きく伸びるとのこと。

ダナン大学国際部長 Yui氏

今後のベトナムと日本の関係について

今回、ベトナム人と日本人が半分ずつ集まって交流を行いました。
日本とダナンでお互いが価値を生むためには、どのような対応していけば良いか?
という質問をパネラーに投げかけたところ、

ダナン大学国際部長YUI氏
「2016年WTOのコミットメント以降、ホテル事業なども外資が経営できたりと変わってきました。アセアン全体でビジネスをやっていくフェーズになってきました。日本は一つの取引のために人材を取るが(ガールフレンド)、今後は結婚パートナーを探す意識でやる必要がある。ベトナム側はそこは柔軟性が高いので、日本企業に頑張ってほしいです。」

ダナン市ITパーク HUI氏
 「マレーシアなどよりもベトナムへの投資は少ない。まだまだ企業が集まっていない。最近は政策として外資の誘致に対していろんな政策を作っている。」

 ①ベトナムの強みを活かすべき。
  特に人口バランスが強みで、人口ボーナス期であること。
  (就労人口は今ピーク)
 ②外資誘致は努力している。
 ③米中摩擦によって中国から別の場所に移したい企業も増えた。
  これを機にベトナム市場を開拓してほしい。

テクノコム フイ氏
 ①毎月1社くらいは日系企業のIT会社が設立されている。
 ②もっとしっかり戦略を立てて進めた方が良い。
 ③日本語人材を求めてはいるが、それを価値とする人は減っている。
  英語、中国語の人材を養成しておいた方が良い。

イベントの最後に、ダナン市政府の投資局が推し進めるITパークへの日本企業誘致に関するMOU締結式を行い、ホワイトホールの白井CEOが調印し、ダナンへの視察団を増やすことと、ITパークへの日系企業誘致をコミットメントしました。

ダナン市政府投資局ITパーク
ダナン市政府投資局とホワイトホールがMOU締結

ダナン視察ツアーはこちら!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です