日系スタートアップ「JAPAN ICT LEARNIG」独占インタビュー


代表の小澤氏は東証一部上場企業の法務部門での責任者経験、インドでのヨガインストラクター、ウクライナでの日本語教師の経験をもつ異才だ。

JAPAN   ICT  LEARNIG  URL: https://japanictlearning.com/

そんな小澤氏にインタービューを試みた。

Q まず御社の業務内容を簡単に教えて頂きたいのですが


→ 日本語の教育アプリを無料提供をアジアで展開しています。アプリは大きく分けて2種類あります。
一つは学校の授業用の日本語アプリ、もう一つはテスト用のアプリになります。

フリーソフトとして提供しているので、それ自体に収益性はありませんが、生徒が何百人・何千人規模の学校の場合、各生徒の課題や傾向また全体の統計を管理できるバックグラウンドの管理機能を利用していただくことで成り立っています。

Q マーケットはどうでしょうか。

→例を挙げるとベトナムから日本へ新規に入国する技能実習生が年間3万人以上。今後、増倍するとの予測もあります。
日本語を勉強したい生徒も年々増えていますし、実際にダナンの大学もクラス数を拡大させています。

Q なるほど。そこに関わってくるのですね

昨今ではベトナムから日本への技能実習生に対する扱いが問題となっておりますが、 どう対策されていますか。


→ 技能実習生の側からみると、働き先としての日本への評価は下がっているようです。

技術を身に着けるために最低賃金で実習をするという建前の技能実習制度は日本だけです。

ベトナム人が他国で単純労働者として働く場合、労働力としてきちんと認められ受け入れられている点に大きな違いがあります。

技能実習生がベトナムに戻ってきた後、特にスキルを身に着けているという傾向が少ないので、ベトナムでは日本実習生として働いた経験を帰国後に活かせる仕事がほとんどない状況。これは非常に残念に感じています。

ですので、弊社では技能実習生の送り出し機関に限らず、教育機関の人材育成力の“見える化”を進めていきたいと考えています。

Q “見える化”とは厳密にどういうことでしょうか。


→ 生徒の客観的な学習データを蓄積することにより、学校の育成力が数字で見えるようになります。これはある意味「学校の格付け」と同じような機能をもっている。

例えば、ある日本企業はコストがかかっても、実用的な人材がほしい。
またある企業はとにかく安い人件費であればよいという企業が今まで混在しておりました。
ベトナムの送り出し機関などでは確かにいい加減な教育をしているところもあります。

反対に一生懸命コストと時間をかけて実習生の教育に取り組んでいる学校も沢山あります。

ただ残念なことに客観的な評価という視点が日本側もベトナム側も欠けていたために効率の悪いケースが非常に多かったと思います。
これが、目標や費用対効果などについて、各学校の実力が客観的にみえるようになってきます。

それによって、外国人労働者の受け入れ企業、組合、外国での教育機関、労働者、それぞれがお互いの目標や実力を自分で見て選べるようになってきます。我々が格付けをするというより、マーケットが自然に評価を下すようになるのではないでしょうか。

Q ありがとうございます。

ところで日本や他の地域にも拠点をもってらっしゃいますが、何故、ダナンでのスタートアップを選んだのでしょうか。


→ ダナンが好きだからです。

Q ハノイにも営業拠点をもってらっしゃいますよね。また他のアジアにもよく出向いてらっしゃる。ダナンがリゾート地だから?

mde


→ 住むのに気持ちがいいという点は大きいかな。

また、信頼できるベトナム人パートナーが丁度ダナンで会社を興すというタイミングだったので、じゃあ、一緒にということもありました。

また、現在はWTO(世界貿易機関)コミットメントの影響で、ベトナムでのビジネスは行政面もクリアーになり、やりやすくなっていると言われています。

その中でもダナンは外国企業の誘致に積極的で行政手続きなどの点でも支障がないこともあって、ベトナムの中では好きなダナンを選びました。

Q ダナンでスタートアップのアドバンテージは?

→業種や何をやるかにもよりますが、マーケットでいえば現在はハノイやホーチミンがやはり大きい。スケリングの計画次第ではダナンはおすすめしませんが、コツコツ仕事をまじめな人がハノイやホーチミンに比べて多いことや、良い環境でじっくり仕事に取り組めることは魅力だと思います。

代表の小澤氏はとても物静にまた寛容にインタビューに答えてくれた。

ダナンのスタートアップ企業であるので、ダナンの良い面だけをクローズアップするというわけではなく、アジアマーケットを見据えた客観的なコメントをもらうことができたと考えている。

今回、小澤氏も参加するカンファレンス含めた視察研修ツアーを、当メディア主催で行います。ぜひご参加ください!

【特別企画イベント】参加費 168,800円(税抜)

6月4日(月)、5日(火)  開催
ダナン『アクセラレーション研修ツアー』
現地大学やインキュベーター、スタートアップを集めてのカンファレンス交流
詳しくはこちらをご覧ください

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です