ダナンはベトナムのスタートアップ発祥の地となるか

2017のAPEC首脳会議の開催都市、ベトナムのダナンは貿易と産業で徐々に注目されてきた。 起業家精神が高まり、アメリカの不動産サービス会社Jones Lang LaSalle(JLL)は、東南アジアのトップ5のスタートアップ都市の1つとしている。

ダナン建築大学の、ソンハン(Songhan)インキュベーターは2017年度時点で10のスタートアップを収容していきた。創設者兼最高経営責任者(CEO)のクアン・リー・ディン氏(Quan Ly Dinh)は、起業家精神を助長する環境の構築を支援することを目的としていると語った。

ダナンスタートアップ
写真:ソンハンインキュベーターでのワークショップ風景

「私たちは、起業家精神を育む環境を作るために、ハノイ、ホーチミン、ダナンのスタートアップを支援しています。農業や観光、経済改革の下にある分野に進入しています。私たちは多くの小売りや電子商取引をサポートしてきました。それが今若い起業家のための主要な交流場となっています」
クアン氏だけでなく、多くの外国人投資家が、ベトナムをファンド投資のリスク性を市場と理解している一方で、GDB Capitalのマネージングディレクターであるデイビッド・リー氏(David Li)は、より魅力のあるダナンでのベンチャー事業を開始するために、カナダでの融資を断念しました。

写真:GDBキャピタル デイビッド・リー氏

また、車両事業仕事を辞めたもう1人のビジネスマンのラリーグエン氏は、市内にMeet Da Nang Toursを設立しました。

「現在、観光に焦点を当てています。毎年何百万もの宿泊客がベトナムの真ん中にあるダナンにやってくるからです。現在すべてのスタートアップは観光業に集中しようとしています、そして、ここの学生は本当に才能があります。」グエンはCGTNに語った。

しかし今のところ、資金調達は課題だという。

「新興企業への資金調達という点では、ベンチャーキャピタリスト、特に外国人投資家から資金を受け取ることは非常に難しい。資本が入って投資家が彼らの投資から良いリターンを生み出したら、ベトナムへの投資にもっと自信があります。それから資本フローがベンチャーキャピタルへのより高いリスク投資になるのではないか、と予測しています」

ダナン・ソンハンインキュベーション クアン氏は、将来の方向性は「中小企業(中小企業)とベンチャーキャピタルの支援が必要になる。私たちはそのための法制度を作りました。 2018年1月に、中小企業を支援する法律を制定する中小企業支援制度ができた、。また、ベンチャーキャピタルに関する法律が制定されます」とクアン氏。

ベトナムの「2025年までに革新的なスタートアップエコシステムをサポートするためのプログラム」の一環として、同社のベンチャー企業であるベビー用品メーカーNoi Tobが多目的ベビーカーを設計しており。ワークスペース、流通、知的財産権保護を支援している。
Noi Tobの ダン・ザー・フイ氏(Dang Gia Huy)は、 
「私はダナン市、特に技術部からサポートを受けています。それらから、私はテクノロジーデザインのための3つの証明書、発明のための2つの証明書および商標のための1つを得ることができます。証明書のおかげで、私は自分の製品をコピーする危険性を減らすことができます」と言う。 適切な政策を立て、資金を投入することで、公式データに基づくと、ベトナムの新興企業の取引額はまだ2億ドルほどだが、これらの若い起業家はアイデアを将来の経済の柱に成長させる可能性を秘めている。

ダナン視察ビジネスツアーはこちら

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です