ダナン市、2030年に向けての指針

ダナンの中心都市では、2018年から2030年までのGRDP成長率を9〜11%、1人当たりのGRDPを7,000ドルから9,000ドルにすることを目指している。

2018年6月11日に市の人民委員会が開催したワークショップで、2045年に向けたビジョンとともに2030年までに市の発展について話し合うという目標が設定されている。

ワークショップは都市計画者、エコノミストそして政策決定者を国内外で集めた。これらの専門家たちは、ダナンの指導者たちに、市内の利点、競争力、公共交通機関の開発と並行して都市空間を拡大する能力、そして政策の構築方法についての幅広い見解を与えるために、多くの地方および外国の都市からの実地経験を共有した。インフラ開発のための資金を調達し、持続的に都市を開発する。

その成果を達成するために、ダナンは工業の国際的な統合を推進することにより、飛躍的な進歩を遂げて経済成長を達成することを計画している。新興企業、イノベーション、創造性のための地域および地域のハブを開発する。中部および中部高地地域の成長と統合を動機付けるために工業化と近代化に向けて努力する意向だ。

さらに、社会福祉を実現化し、防衛、安全、そして海洋の主権を維持することで、文明化された都市生活様式を計画。

ダナンは、ホアンサー(Hoang Sa)島地区の面積と約100万人の人口を含む1,280平方キロメートル以上の面積を持つ比較的若い都市だ。街は約92 kmの海岸線と11の公共ビーチがある。

上記の目標を実現するために、2018年4月には、市とベトナムのソフトウェア大手であるFPTが、2018年から2020年の間にダナンを「スマートシティ」として建設することに関する覚書(MoU)を作成しました。

この覚書は、都市が交通、農業、英語教育、医療、観光の分野でスマートなソリューションを開発することを推進している。

また、市の行政と地元住民との間の関係を強化し、行政手続の透明性を促進するために、交通と農業におけるオンラインサービスを完成させることに合意した。

計画通り、FPTは2018年から1919年にかけてスマートアプリケーションを使用したパイロットプロジェクトを構築するために150億VND(664,000米ドル)を投資する予定だ。

ホーチミン市の人民委員会の副議長によると、「覚書はダナンが行政改革と地元の人々、企業、観光客の透明性を改善する補助的な役割を期待し、近い将来に「活性化された」都市としてダナンを発展を目指す。」と述べ

また、「2014年に開始された同市の電子政府システムは、225の代理店と4,000のユーザーによって使用されており、公的手続の約50%もオンラインで掲載スタートした。

ダナンのITインフラストラクチャは、航空管制、水道、ゴミ、気象学、そしてエネルギー機関の間のスマートな接続環境が整った」と述べた。地震や津波に関する警告、洪水、浸食、下水管理、橋梁に関するデータも提供される予定だ。

昨2018年は4G LTE(Long-Term Evolution)の準備を終えている。 2019年、中央都市は、電子政府システムを通じたワンストップショップ、住居管理、公共交通機関、水管理を含む1,196のオンライン管理手順を提供しておりますます目が離せない都市になる。

ダナン視察ビジネスツアーはこちら

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です