ベトナムの通信事業者は5Gでスピードアップ 2019年2月

ハノイ – ベッテル社(Viettel)は今後12ヶ月間で、全国で5Gモバイルテクノロジーの試用を予定している。

 情報通信大臣グエン・マイン・フン氏 (NguyễnMạnhHùng)は、軍事経営の電気通信会社に5Gの導入を許可する決定に署名した。 このライセンスは、技術的機能および第5世代技術を使用して電気通信インフラストラクチャを展開する機能をテストおよび評価するために付与されたものである。ベトナムの首都ハノイ市(HàNội)とホーチミン市(Ho Chi Ming)は、ベッテル社の5Gをテストする最初の2都市になる。 テスト期間中、ユーザーは課金されない。 ベッテルグループは、投資効率を監視し、結果を情報通信省に報告しなければならない。 ハノイ市・ホーチミン市は、5Gの試験とともに、新しく4Gの周波数を認可し、2Gまたは3Gを適切な方法・段階で今後、使用をしない環境のインフラ整備を検討すると述べた。

一方、モビフォン社(MobiFone)は、正式に稼働する前に、同2市で5Gテストを実施して技術と市場を評価することを求める文書を情報通信省に要請中である。 モビフォン社のゼネラルディレクター、グエン・ダン・グェット氏(NguyễnĐăngNguyên)は、昨年2018年9月から情報通信省で5Gをテストする許可を求めたと述べた。 またモビフォン社が既に、テストの準備をするために通信機器サプライヤーと協力しており、今後、デバイスがベトナムに導入後、今年の第2四半期にインストールされるであろうと述べた。

 Nam Posts and Telecommunications Group(VNPT社)も、将来5Gをテストする予定だ。 VNPTとノキアは、昨年10月のグエン・スアン・フォック(NguyễnXuânPhúc)首相の欧州訪問中に、5Gテクノロジーとモノのインターネット(IoT)の調査、テストに関する協力契約を締結した。 このプロジェクトは3年以内に実施され、およそ1500万ドル(およそ16億4千万円)の価値があると予測されている。 VNPTのメンバー評議会の議長であるチャン・マン・フン氏(TrầnMạnhHùng)は、5Gテストを依頼する文書を情報通信省に提出したと述べた。 このテストにより、VNPTは将来的にテクノロジーを習得し、ネットワークを構築することが可能になる。 また、VNPTは5Gネットワ​​ークデバイスの製造準備をテストしている、と発表した。

ダナン視察ビジネスツアーはこちら

Tags:

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です