市はテト期間中に332,500の観光客を誘致計画

ダナン市は、今回のテト(旧正月)に332,500人近くの来場者を迎え入れることを期待しています。これは、前年比11.9%の増加です。

テトホリデーは中国、日本、韓国、EU、アメリカ、そして海外のベトナム人にとって忙しい観光シーズンになるので、外国人観光客の数は23.1%増加すると期待しています。 162,600人の外国人観光客を集客できるように、ダナンから仁川、釜山、大邱(RoK)、大阪(日本)、バンコク(タイ)、ドーハ(カタール)へ直行便がいくつか運航しているため、外国人観光客訪問の利便性は高い。特にベトナム航空がダナン – カントー路線を就航すれば、国内観光客も増加することが予想されます。

テトでは、新年を迎えるための花火大会、展覧会、その年に初めて訪れた人への贈り物の発表など、さまざまな文化的な活動がテトのために計画されています。

観光局Nguyen Xuan Binh市の副局長によると、地域、旅行代理店、および観光サービス会社は、社会秩序、環境衛生、食品安全、および質の高いサービスの確保に努めて​​きました。

市は2019年を通して819万人の訪問者を歓迎するという目標を設定しました。これは前年同期比で、6.9%の上昇で、319万人の外国人が11%増加しています。観光部門は総売上高27.4兆VND(11.8億米ドル)、前年比13.9%の増加を目指しています。

ダナン市はベトナム中部で人気の観光地として注目を集めています。オンライン市場とホスピタリティーサービスAirbnbは2018年の世界のトップ10の目的地のリストを発表しました。そこでは、ダナン市は予約の255パーセントの成長で5番目にランクされました。その間、旅行雑誌LiveとInvest Overseasは昨年世界で最も住みやすい都市の中でダナンに投票している。

ダナン視察ビジネスツアーはこちら

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です